予約電話番号

特別コラム

副乳ってなあに

乳頭・乳輪あるいは乳腺組織の残ったもの

通常とは異なった場所、多くはわきの下や正常乳房の下内側に、乳頭・乳輪あるいは乳腺組織が存在することがあり、これを副乳といいます。
胎生期の、本来退化すべき組織が残ってしまったものです。
副乳の起源は、胎生6週頃の、腋窩(わきの下)から、恥骨上縁に向かって広がる乳腺堤(mammary ridgeあるいはmilk line)にあり、その線上であればどこにでも副乳が生ずる可能性があります(図)。
副乳のある方は稀ではなく、左右ともにあるケース、片側だけにみられるケースもあり、女性、男性ともに起こり得ます。
また副乳腺は、正常乳腺と同様にホルモン分泌に反応するため、生理前にはれてきたり痛みを伴うことがあります。妊娠授乳期には目立つようになり、しばしばおっぱいが出ます。

副乳ガンなどの病気が生じなければ放置しておいて大丈夫ですが、「乳首がいっぱいあるなんて嫌だ!」という美容的なことなどで切除手術をされる方もいらっしゃいます。
お悩みの方はご相談ください。

戻る