予約電話番号

特別コラム

出産もしていないのにおっぱいが出る

飲み薬のせいかもしれません

妊娠、出産をしていないのに乳頭から白い分泌液が出ることがあります。
大変びっくりして来院される方が多いのですが、「最近新しく飲み始めたお薬がありますか?」と聞くと、大抵は「そういえばありますね、、、」となります。
お薬の中には乳汁を分泌するホルモン「プロラクチン」の値を上げてしまうものがあります。
よくあるケースは、抗うつ薬、胃薬、降圧薬など。
そうでないときには、内分泌疾患(下垂体腫瘍、甲状線疾患、卵巣腫瘍など)を疑って検査をする必要があります。

両方のおっぱいから、いわゆる「乳汁」が出るときはこのようにおっぱいそのものの病気ではないのですが、片方のおっぱいから「血液まじり」の液体が出るときは要注意です。

戻る