予約電話番号

特別コラム

乳がん術後の下着ってどうしたらいいの?[2]

検診受診の際には事前申告を

当院は豊胸術後の方がしばしば診察に来られます。
豊胸術にはいくつかの方法がありますが、メジャーなのは図のように大胸筋下、または上にシリコンバッグなどを入れるインプラント豊胸ですね。

豊胸手術を受けた場合、乳がん検診受診の際には事前申告をする必要があります。これはインプラント豊胸に限らずです。
マンモグラフィ検査では、乳房を薄く圧迫してレントゲン写真を撮ります。
痛いくらい圧迫されるわけですから、黙っていると検査でバッグが破損する可能性がありますので、インプラント豊胸手術を受けている場合は、マンモグラフィ検診は難しいと考えてください。

超音波検診をお勧めします

バッグによる豊胸術後の方には「超音波検診」をお勧めします。
安全に検診を受けていただくことができますし、劣化によって起こるバッグの破損などを診断できることもあります。
ヒアルロン酸注入や脂肪注入による豊胸後の乳がん検診では、多くの場合マンモグラフィを撮影することはできますが、しこりを作ったりして診断に支障があることが多く、こちらもまた超音波検査の併用をお勧めいたします。

診察のときにお話を聴くと、「豊胸をしたのはいいけれど、怖いのと後ろめたいので乳がん検診を受けられなかった」というご意見が多いと感じます。
それが一番いけません!
当院では技術認定を取得した私自身が超音波検診を行っています。
スタッフも慣れておりますから、お気軽にご相談ください。

戻る