予約電話番号

特別コラム

豊胸術後の乳がん検診

多くは良性のしこり

「先生、おっぱいになにかできてるんですけど、がんですか?!」
と若い女性が泣きそうな顔で受診されることがあります。

そのなかの多くは「線維腺腫」という20~40歳代に多く見られる良性のしこりです。
しこりの発生、成長には女性ホルモンが関わっています。
しこりは球状または卵形や雪だるま形が多く、典型的にはゴムのような弾力を持ってよく動き、しこりのまわりは滑らかでツルンとしています。片方の乳房に数個できたり両方の乳房にできることもあります。
若い方で乳房の形が変わるぐらい急に大きくなることもありますが、その場合は若年性線維腺腫と呼ばれています。

専門医の診察を

診断は比較的簡単なものから、乳がんと紛らわしいものまでいろいろですが、内部に乳がんが発生することもあり、専門医の診察とフォローアップが望ましいでしょう。
大きくなるもの(葉状腫瘍というしこりと見分けがつかないことがあります)や、「しこりはとっておきたい」希望がある場合は、細胞診や組織診まで行った後に摘出します。
当院では写真のように皮膚の切開線を工夫したり(ジグザグ切開と呼んでいます)、傷跡がほとんど目立たないような仕上げを目指しています。術後の乳房の変形もありません。

定期的に乳がん検診を受けましょう。
Save our OPI !!

戻る