予約電話番号

特別コラム

授乳期の乳腺炎

産褥性乳腺炎

今回のおっぱい講座は、特に産後のお母さんが苦しむ「産褥性乳腺炎」のお話です。
ご存知のように、乳腺で分泌された母乳がうまく出ない部分があり、詰まった部分の乳腺が腫れ上がって痛みが出たり、発熱したりします。
「おっぱい」というのは本来、母乳を分泌するのが一番の機能である臓器です。しかしながら、多くの医療機関では「乳がん」以外のことは、あまり対処してもらえないというお話はよく聞きます。 
産褥性乳腺炎は産後1ヵ月前後が一番起こりやすいようです。また、卒乳がうまくできない場合にも起こることがあります。

母乳外来で退院後もフォローします

当院ではスムーズな母乳哺育をサポートする「母乳外来」を設置しており、お産されたお母さんたちを退院後もフォローしていきます。
マッサージの方法、抱き方や飲ませ方、食事の注意点、トラブル時の対処法、卒乳の方法などを助産師を中心に指導していきます。
乳腺外来と連動していますので、助産師による対処が難しい方の検査、投薬、穿刺や切開のタイミングなども適切に管理することができます。
治療法は、マッサージや漢方薬だけでほぼ対応可能な「うっ滞性」、抗生剤が必要な「化膿性」、切開排膿が必要な「膿瘍形成性」のステージに分類し、決定します。多くの場合、発症からの時間に比例して重症化していきますので、早めの診察が必要です。
残念ながら、他院でお産をされたお母さん方への対応は難しいのが現状です。母乳育児をスムーズに行いたいとお考えの方は、ぜひ当院でのお産をご検討ください。
Save our OPI !!

戻る